開発 日記

http://www.trapping.xyz/

UbuntuにCmake

UbuntuにCmakeを入れてみます。

 

そもそもCmakeとは??

リンク : https://cmake.org/

Cmakeとはビルドツールです。

C++などでプログラミングをしたことがあれば分かると思いますがWindowsなどではVisual Studioなどを用いることで階層化されたディレクトリ、リンクなどに関して特に気にすることなくコンパイル作業が通ります。

これはVisual Studioがリンクなどの作業をすべて自動で行ってくれているから開発者は気にすることなくといった感じです。

コンパイラ単体、g++やgccなどでコンパイル作業をする際は単純に1ファイルのみであれば、コンパイルするコマンドを入力してコンパイル完了となるわけですが、ファイルが複数存在していたりディレクトリが階層化されていたりするとそう単純にはいきません。

リンクといった作業をしたりと以外とめんどい。

これはすべて自動でVisual Studioのように行ってくれるツールがCmakeです。

 

CmakeについてウィキペディアCMake - Wikipedia

 

 それでは前置きは置いといて実際にCmakeの導入作業をしてみましょう。

必要なものはターミナル(CUI環境)のみでOKです。

 

Cmakeのソースコードをダウンロードしてソースコードからビルドしましょう。

・導入作業

cd ~

cd Downlaods

wget https://cmake.org/files/v3.9/cmake-3.9.1.tar.gz

tar xvf cmake-3.9.1.tar.gz

cd cmake-3.9.1.tar.gz

./configure

make

sudo make install

 

・動作確認作業

cmake

 

cmakeと入力して実行すると以下のように「Usageほにゃらら」と出てきます。

出てきたらOKです。

Usage

~~~~~

~~~~

 

・トラブル

もしcmakeと入力して実行できなかった場合は、

ソースコードのビルドに失敗していないかを確認してください。

その後失敗していなければ以下のコマンドで設定してみてください。

 

cd ~

vi  .profile

PATH="/usr/local/bin:$PATH"

 

Ctrl +c

wqと入力でViをクローズします。

 

reboot

 

これで再起動させて実行できれば問題なしです。