ツイート集

 

 

 

Remove all ads

Remove all ads

Tensorflowのインストール

Tensorflowのインストール方法についてです。

今回はWindowsにインストールしてみます。
利用環境として、

os : Windows10 Fall Creators update 
py : Anaconda(python3.6)

Anacondaを使っているわけですが、Tensorflowが公式にCondaをサポートしていないみたいなので、
pipを使ってインストールします。
本来であればconda create --name vや、virtualenv vなどして仮想環境で行うのがのぞましいのでしょうが、
今回はダイレクトに入れています。

Tensorflowのページ

Tensorflow.org

 

インストールをクリックします。f:id:GufGuf:20171106184909j:plain

 

そして今回はWindowsなので、Windowsを選択

f:id:GufGuf:20171106185008j:plain

 

CPU、GPUサポートがあります。

今回はCPU版を入れてみます。

 

コマンドラインから以下のコマンドでインストールします。

> pip install tensorflow

 

自分の場合はPython3.Xのみ入っているので上記のコマンドで大丈夫なのですが、2.Xと3.Xが入ってる場合には「pip3」としましょう


 ちなみにgpu版の場合には、

 

> pip install tensorflow-gpu

と、します。

 

tensorflowのダウンロード作業が終わったら、下記のコマンドで確かめてみましょう。

 

> pip list

これで、pipでTensorflowが表示されたらOK

 

もっと確認すると、

>python

>>>import tensorflow

上記でTensorflowをエラーなくインポート出来たらOK

Remove all ads

Wi-Fi選び

こんな経験ありませんか?また、したくないですよね。。。


通信が安定しない!
部屋まで電波飛んでないんだけど!!
遅すぎ。。。


前提として光回線wimax 2+など最新の通信機器および終端装置および回線で通信していることを前提とした記事であり、ADSL3Gなどの古い固定回線、ワイヤレスワンでの通信を前提としているわけではありません。


一般的なネットサーフィンや動画視聴など


広さ : 1ルーム ~ 2LDK
人数 : 1
この辺りの製品であれば間違いなく大丈夫でしょうから、それほど求めるものがないのであれば、WCR-1166dあたりで良いのではないでしょうか?
http://www2.elecom.co.jp/products/WRC-1167FEBK-S.html
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wsr-600dhp/
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wcr-1166ds/

広さ : 2DK ~  4LDK
人数 : 2 4
3
製品とも大きな大差は出ないでしょうが、個人的にはwsr-1166dhp3をおすすめします。
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wsr-1166dhp3/
http://www2.elecom.co.jp/products/WRC-1167GEBK-S.html
http://www.aterm.jp/product/atermstation/product/warpstar/wg1800hp3/


広さ : 4LDK以上
人数 : 4人以上
この辺りですね。
wxr-1900dhp3
であれば、実際10人ぐらいでも一般的なネットサーフィンであれば問題なく利用できますし、広い部屋またお家でも快適に利用できるでしょう。
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wsr-2533dhp/
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wxr-1900dhp3/

34人程度で高画質視聴


wxr-2533dhp2
であればもちろん広い範囲に電波を届けることも可能でしょうし、
高画質視聴も少数であれば複数人でも全然できるでしょう。
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wxr-2533dhp2/

ゲーム


オンラインゲームをそもそも無線で行うと通信量が多すぎて途切れてしまったりすることがありますが、それなりには考慮したアクセスポイントもあります。
有線には負けますが。
wxr-2533dhp2
でも安定はしますが、RT-AC65Uがおすすめ。
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wxr-2533dhp2/
https://www.asus.com/jp/Networking/RT-AC65U/

寝室まで届かない!


電波が寝室まで届かないや、弱いなどの場合は中断期を使って寝室まで届けるのがいいと思います。

無論、大容量な通信をする人ならこちらでしょうね!
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/extender/wex-1166dhp/

階段など隙間にスッと置いておきたい方や一般的なネットサーフィン程度であれば、
これなどがおすすめですね!
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/extender/wex-733dhp/

Remove all ads

普通ワイヤーフレームから作りますよね

ウェブページのフロントエンド作成する時って普通「ふっつう」はワイヤーフレームから作成しますよね

 

Remove all ads

MR対応になるんだろうね

スマホが出てきてから、デスクトップにしか対応していないWebページが

売れなくなってというか、クライアントが求めなくなって、当然のこと

デスクトップにもスマホにも両方に対応したWebページが良いとされるように

なったのと同様で、MRが普及していけば間違いなくMRでの表示と言うか、アクションにも対応したWebページが求められるようになるんだろうなって思うんです。

 

そういったことを考えると、おそらくUnityなどを学んどいた方がいいのではないかと思います。

 

ま〜実際MRが普及していない今は何も言えませんが、今だからこそ。。。

 

Remove all ads

Gitクライアント

Windows

Windowsであれば、

SourceTree , SmartGit , GitHubDesktopあたりがメジャーどころでは???

 

Mac

macOSでは、

SourceTree , GitHubDesktop あたりかな?

 

Linux

Linuxでは、

GitKrakenなどがGUIクライアントとしては有名なのではないでしょうか?

 

Remove all ads