XORを実際に

XORを実際にプログラミングで実装してみようと思います。

プログラミングでの実装は単純です。

 

X = 0 ^ 0 

print(X) // 答えは0

 

X = 1 ^ 0

print(X) //答えは1

 

これだけです。

 

XORを図で書いてみる。

A       B     ANS

0        0       0

1         1      0

1         0      1

0         1      1

Remove all ads

Docker for Mac

Docker for Macとは?

単純にMac用のDockerです!

Docker - Wikipedia

 

オフィシャルからインストーラーをダウンロードしてきて、インストール開始!

Docker - Build, Ship, and Run Any App, Anywhere

 

一般的なGUIのインストール作業なのでこれといって説明することもありません。

 

 

f:id:GufGuf:20171017204855p:plain

 

 

f:id:GufGuf:20171017205054p:plain

 

とりあえずインストール完了したらしい。。。 なにやら説明が出てきた。

f:id:GufGuf:20171017205106p:plain

 

クジラさん!登場!

f:id:GufGuf:20171017205207p:plain

右上のDockerのアイコンをクリックするとpreferencesと出てくるので、それをクリックすると設定に飛べる。

 

f:id:GufGuf:20171017205312p:plain

 

f:id:GufGuf:20171017205527p:plain

 

アンインストールも簡単!

f:id:GufGuf:20171017205247p:plain

設定がGUIで行えるのがいいですね!

 

また、コンテナのコントロールなどはターミナルから可能です!

 

 

Remove all ads

Go言語で開発がスムーズになった

「Go言語のおかげで開発効率がよくなった」ことに関して少し書いてみた。

C/C++での開発ではネットワーク関連に開発のしにくさを感じていました。

https://qiita.com/Guf/items/fb3f778c4f30a47b356d

Remove all ads

FileLock 1.0

FileLockというアプリを書いています。

まだ、テスト的に実装している感じですね。

Remove all ads

nmapの基本的な使い方

Qiitaにも同じのを投稿したのですが、こっちにも書いておこうと思って。

 

インストール

 

Windows

オフィシャルサイトからインストーラーをダウンロードしてインストーラーを起動すればインストールできますね。

https://nmap.org/

 

Debian or Ubuntu

apt-get install nmap

 

CentOS

yum install nmap

dnf install nmap

 

Mac

brew install nmap

 

 

ホスト一覧 

nmap -sP 192.168.0.0-100

指定した範囲内のIPアドレスを全て出力。

 

特定のポートを確かめたい

nmap -p 80 192.168.1.1

 

プロトコルを指定してポートスキャンの範囲を指定して 

TCP

nmap -sT -p 0-100 192.168.1.1

UDP

nmap -sU -p 0-100 192.168.1.1

 

OSのバージョンを調べる

OSを単純に判定

nmap -O 192.168.1.1

 

詳細的に判定

nmap -A 192.168.1.1

Remove all ads

Visual Studio for mac

Visual Studio for macを試した率直な感想です。

(以下からvs macと記述する)

 

vs macを試してみて最初に思ったのがインストーラーが安定しないな。。。

と、言うことです。

1回目インストールしたときはインストールに失敗しました。

2回目も失敗。。。

3回目でようやくインストール成功!です。

 

僕の環境としてクリーンな状態にvs macを入れたので他のソフトウェアが邪魔してとかではなさそうです。

ただvsの公式に記述されているシステム要件ではmacの対応OSがシエラになっていました。僕の場合はハイシエラだったので、数ミリではありますがシステム要件からはずれていますね。

もしかするとハイシエラではまだ安定を確認できていないのかも。。。

またXCode8が必要となっていましたが僕の場合はXCode9でした。。。

これもまた、何か原因なのかな?

 

プログラミング言語の対応としてはWindows版とは違いPythonやR、VB.NETには対応していません。

 

コーディングのしやすさに関してはさすがです。

とても扱いやすい開発環境だなといい感じです。

 

Windows版よりもシンプルに感じました。

そういった意味ではいい意味で扱いやすいようですが、悪い意味ではちょっと機能としてはWindows版に劣るなと。😓

 

これからに期待できそうですが、が、やはりWindows + Visual Studioには敵いませんね。

 

ハイシエラの人はまだちょっとvsは控えた方がいいかも。シエラでは問題なしでした。

 

以上

Remove all ads

DNSサーバ(BIND9)を動かしてみた。

環境

Windows10

Vagrant

Ubuntu16.04

 

 

VagrantUbuntuを入れる

下記のコマンドを順に実行していくとUbuntuの導入が可能です!

 

$ vagrant box add Ubuntu-dnstest https://cloud-images.ubuntu.com/xenial/current/xenial-server-cloudimg-amd64-vagrant.box

 

$ vagrant init Ubuntu-dnstest

$ vagrant up

(任意の方法で仮想マシンにログインしてください。)

 

f:id:GufGuf:20170927235459j:plain

 

え?パスワードとかは?

 

コマンドプロンプトまたはパワーシェルを起動してください。

 

そして「cd」コマンドで仮想マシンのインストール先に移動してください。

 

$ cd c:\users\name\Vagrant\boxes\Ubuntu-dnstest\0\virtualbox\

(インストール場所は環境変数VAGRANT_HOMEに設定されてるディレクトリからわかります)

 

$ more Vagrantfile

これでパスワードとユーザー名が表示されたはずです。

f:id:GufGuf:20170928000418j:plain

 これでログインに必要な情報はわかりましたね!

なのでログイン可能ですよね。

 

そして仮想マシンに戻り「sudo apt-get update」しましょう。

$ sudo apt-get update

 

BIND9のインストール

$ sudo apt-get install bind9

 

取り合えずインストールは完了です!

次は設定ファイルを見ていきます。

 

参考に


BIND Open Source DNS Server | Internet Systems Consortium

 

Remove all ads