Kotlinって?

Androidの公式言語がJavaからKotlinに変更なるってしってましたか?

コンピュータ大好きな方々なら「当然そんな情報しってる」って感じですよね。

 

浅いですが簡単に書いてみました。

 

・Kotlinの基本情報

What is Kotlin Programming language?

Kotlin : コトリンと読みます。

開発元 : ジェットブレインズ (間違ってるかも。。。。)

ホームページ : https://kotlinlang.org/

 

JVM言語

KotlinはいわゆるJVM言語です。

JavaVirtualMachineで動作する言語です。

Javaとも互換性があります。

 

JVM言語として他にもScalaなどが有名ですね。

 

パラダイム

オブジェクト指向

 

型付け

静的 (コンパイラ言語)

 

コンパイル

Javaバイトコードになるようです。

JSにもコンパイルできるそうですね。

またホームページを見る限りだとネイティブにもコンパイルできる??

 

 

・どうなの?

で、Kotlinってどうなの??

僕の個人的な感想としては少しコードを書いてみた感じだと、難易度的には低いです。コードが書きやすい言語だと思いました。

Javaより安定してる感が僕的には感じられました。

また、Javaと比べて安全性が高いようです。

 

後尾にセミコロンがいらないようです。SwiftやGolangっぽいですね。

 

開発環境周辺としては、IDEがある、コンパイラスタンドアロンで提供されてる。
文句なしですね!

また言語仕様もJavaと比べ「わかりやすい」「扱いやすい」ことが確実。


完成度の高い言語なのでは?



Androidの公式言語

この件に関して、KotlinはJavaと100%の互換性がある。

つまりAndroidの今までのJavaのコードと互換性があるのであAndroidアプリの開発者にとっても移行の負担が減るし、Javaのライブラリやフレームワークもそのまま利用できる点から、明らかに開発者さんたちへの負担がないに等しいことは確実。

 

学習にかかる時間も数日あればある程度覚えれるでしょう。

 

ただ現時点で、日本語のまともな 書籍がないようにも思えます。

Kotlinのホームページにある英語版の書籍がまともなようです。

とっ言っても特別、英語ができなくてもある程度は読めるほどでしょうからま~英語版でもいいのでは?

Remove all ads

Vagrant

最近VagrantとかDockerとか聞きますよね。

もうVagrantやDockerを使っての開発は当たり前な感じ?

なのでVagrantの超簡単な入門を書いてみようと思います。

 

環境

Windows10 (Creators update , 64bit )
VirtualBox
 5.1.22 r115126

Vagrant 1.9.7

 

上記の環境で進めていきます。

 


Vagrantとは?

簡単に書くと、仮想環境をコマンドラインから超簡単に構築できるツール!
いうなら、仮想環境の構築を自動化できるツールです。

 

必要なもの

VirtualBox :  https://www.virtualbox.org/

Vagrant :  https://www.vagrantup.com/

開いておきたいサイト : http://www.vagrantbox.es/

 

 

VirtualBoxのセットアップ

VirtualBoxのページからインストーラーをダウンロードしてきてインストールするだけ。

一般的なインストール手順なので省きます。

 

Vagrantのセットアップ

Vagrantのページからダウンロードしてきてインストールするだけ。

これもVirtualBoxと同じでインストール手順は一般的なので省きます。

 

確認

Windowsをリブートしましょう!

リブート出来たらコマンドプロンプトを起動してVagrantと入力してコマンドが正常に実行できればOKです。

こんな感じです。

f:id:GufGuf:20170729183855j:plain

 

もし正常に実行できなければ環境変数の設定をしてください。

具体的にはVagrantのインストール先を指定。

例 : C:\HashiCorp\Vagrant\binを環境変数に書き込んでください。

また、念のため環境変数の設定後もリブートしてみてください。

 

 

次に実際に仮想マシンを作ってみましょう。

Vagrantで構築する場合どちらかというと「作成」より「生成」のほうが似合ってる気がするほどです。

それほどらくちんです。

 

1 ) コマンドプロンプトを起動

2 ) Vagrant box add 仮想マシン名(任意) 仮想マシンのURL
     (仮想マシンのURLは http://www.vagrantbox.es/からURLをコピー)

3 ) Vagrant init 仮想マシン

4 ) Vagrant up

 

これだけで環境が整いました!すごいですね。

 

VirtualBoxを起動して確かめてみてください。

作成された仮想マシンが一覧にあります。

 

これで完了です!

Remove all ads

Arduino VsCode

Visual Studio Code(以下からCode)にMicrosoft純正のArduinoプラグインが出たので早速入れてみました。

 

とりあえず先にArduinoをインストールしておきましょう。

 

ここからダウンロードします : Arduino - Home

f:id:GufGuf:20170719212819j:plain

上のメニューからソフトウェアを選択
f:id:GufGuf:20170719212821j:plain

ここからダウンロード。僕はzip形式でダウンロードしました。

注意点としてWindowsStore版(uwp)のではCodeから利用できません。
Code側から参照できないため利用できません。

f:id:GufGuf:20170719212823j:plain


Arduinoは任意の場所へインストールしてください。

次はCode側にプラグインを入れます。

f:id:GufGuf:20170719212758j:plain

提供元がMicrosoftになってるものです。

 インストールをクリック。
すぐにインストールは終わります。

f:id:GufGuf:20170719212800j:plain

 

リロードをクリック。

f:id:GufGuf:20170719212802j:plain

 

Codeが読み込みなおされたら、SettingsからArduinoのパスを指定します。

 ギアのマークをクリック。

f:id:GufGuf:20170719212815j:plain

 

f:id:GufGuf:20170719212817j:plain

検索のテキストボックスにarduinoと入力。

f:id:GufGuf:20170719212824j:plain

 

arduino.path : "" の 場所にarduinoがインストールされてるディレクトリのパスを入力してください。

 

これで一通りの設定は完了!

 

Remove all ads

おすすめの書籍を一覧に

僕が今まで読んでみた書籍で良かったものをリストアップしてみました。

ごさんこうまでにどうぞ。

C言語 , C++

苦しんで覚えるC言語Amazon CAPTCHA

数値計算C言語による数値計算入門―解法

明解C++入門 : Amazon CAPTCHA

Optimized C++Amazon CAPTCHA

Python

Python3 入門 : Amazon CAPTCHA

Python プロフェッショナルプログラミング : Amazon CAPTCHA

 暗号 系

暗号技術入門 : Amazon CAPTCHA

 

セキュリティ 系

ハッカーの美しき策謀 : Amazon CAPTCHA

 

数学

数学の公式定理決まり事 : 「数学」の公式・定理・決まりごとがまとめてわかる事典 

 

 

Remove all ads

Visual Studio Codeのセットアップ

Visual Studio Code(以下からCode)はMicrosoftが開発、提供するエディターです。

使ってみるとわかるのですが、さすがMicrosoftという感じの高品質な感じです。

 

ここではaptを使ったインストールとdnfを使ったインストールを紹介します。
Windowsへのインストールは紹介することもなく簡単なのでここでは紹介しません。

 

ではまず、Codeのページヘ行きます。

Visual Studio Code - Visual Studio

 

f:id:GufGuf:20170710004703p:plain

ダウンロードからCodeをダウンロードしてもいいのですが、今回は手動でCUIからインストールしてみます。

とりあえずダウンロードをクリックします。

 

f:id:GufGuf:20170710005004p:plain

 

そうすると上図のようなページへ遷移しますね。

一番上の、Docsをクリックします。

 

 

f:id:GufGuf:20170710005143p:plain

そして一番左のSETUPを展開してLinuxを選択します。


以下から記述するコマンドはCodeのページから引用したものです。

 

APTでのインストー

このコマンドでaptでCodeを見つけれるようにしましょう。

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | gpg --dearmor > microsoft.gpg
sudo mv microsoft.gpg /etc/apt/trusted.gpg.d/microsoft.gpg
sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/vscode stable main" > /etc/apt/sources.list.d/vscode.list'

 

そしてパッケージリストを更新して、Codeをインストール。

sudo apt-get update
sudo apt-get install code 

これでCodeのインストールが完了して、アプリケーションのメニューの中にCodeのアイコンが追加されているはずです。

 

DNFでのインストー

同じくCodeを見つけれるようにしてあげましょう。

sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
sudo sh -c 'echo -e "[code]\nname=Visual Studio Code\nbaseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/vscode\nenabled=1\ngpgcheck=1\ngpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" > /etc/yum.repos.d/vscode.repo'

 

パッケージリストを更新してから、Codeをインストール。

dnf check-update
sudo dnf install code

インストール完了です。

 

Remove all ads

Ubuntu 16.04 .NET Core

Ubuntu16.04(以下からUbuntu)に.NET Coreのインストール作業をしてみます。

まずはMicrosoftのサイトへアクセス。


このようなサイトが表示されたと思います。

f:id:GufGuf:20170709235554p:plain

ここからLinuxを選択

f:id:GufGuf:20170709235637p:plain

 

そしてUbuntuのタブを選択

f:id:GufGuf:20170709235706p:plain

 

ここまで来たら下にスクロールしてみていきましょう。

自分のUbuntuのバージョンを確認してから各バージョンに沿った通り行ってください。
ここでは16.04を使っています。

f:id:GufGuf:20170709235809p:plain

 

(コマンドはMicrosoftのページから引用したものです)

以下のコマンドを実行

  1. sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://apt-mo.trafficmanager.net/repos/dotnet-release/ xenial main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'

 

  1. sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 417A0893


上記した2つのコマンドは早い話、apt-getが .NET Coreのパッケージを見つけに行けるようにしているわけです。



次にSDKをインストールします。

  1. sudo apt-get install dotnet-dev-1.0.4

これで.NET Coreのインストール作業は終わりです。

念のためリブートしておきます。

reboot 

 

実際の動作確認は以下の画像通り行ってみてください。

f:id:GufGuf:20170710000810j:plain

 

Remove all ads

読みやすい 数学

数学の書籍でおさらいにちょうどいい書籍を見つけたので紹介します。

 

こち
「数学」の公式・定理・決まりごとがまとめてわかる事典|書籍案内|ベレ出版

 

集合などに関することから、ベイズの定理などまでぎっしりと基礎的な公式が詰まったこの本!

とても読みやすくてよかったです!

 

ぜひ。

Remove all ads